HP開設2002-5  

募集

油彩

風景画を描くときは対象を写し取ろうとしないで、そこで感じた線、色、印象を描きのこす。建物の壁の垂直線を直線で描かなくても見れば真っすぐなのは分かる。葉を細かく描かなくても木であることは分かる。説明しなくてもそこにその風景は現せる。一枚の絵として全体のバランスが大事だ。

横浜風景画

鎌倉風景画

日本風景画

海外風景画

風景スケッチ

自己紹介

簡単水彩画

個展歴

花スケッチ

  k a o

かんたん彩色

洋画

伊豆

覚  書

ネットで学べる水彩画教室 横浜 鎌倉 湘南風景を中心に 神奈川  淡彩風 水彩画

何でもネットの時代 将棋、囲碁の勉強もネットでかなり学べる時代。水彩画も例外ではないだろう。やり方次第でメキメキ腕が上がるでしょう。このHPもその一役を担いたいと思っています。

基礎を身に付けたら屋外スケッチへ出ましょう。通行人のお邪魔にならないように頑張ってください。

鎌倉の海岸にて

描く目的は上達がすべてではない。そこへ向かっていく過程に学ぶべきことがある。頂点に立てば達成感はあるがそれで終わってしまう。 これと決めた画風をあきらめず最後までやってみる、あちこちと気移りしては多くを得たような気がしても結果何も得られないだろう。 水彩画に限らず何事も最初に出会った物、感じ取ったものが最良。

私はカルチャーセンター等で講師として指導もしております。詳細お知りになりたい方はメールにてお問い合わせください。

 Member

藤森悠二水彩画教室 

藤森悠二水彩画教室

メール

リンク

tee

ただ夢中で描いて出来上がった絵を観て心が洗われるような時がある。この絵はまさにそんな感じった。これといった見せ場は無いが、こんな情景に出会ったことに感謝。砂浜に戯れる子供達、餌を狙う鳶、貝殻を拾う子供。白く砕ける波がしら、それだけでも絵になるんですね!

   透視の基本は一点透視



軽い下り坂の途中から登り坂になっています。めったに無いですが絵にするとこんな感じ・・・。
9-7


■ ブログ

心を癒してくれる水彩画

著書

正確にとらえて正確に描かない 藤森流

◎ カルチャー

鉛筆画