彩色の順番と解説

鉛筆で下絵を描くが最後にも線描を加えるので大まかにしておく。

全体に空の色を薄く掛ける。

屋根、樹木など次の場所に移る。

絵に多少のメリハリを入れて調子を見る。

更に少しずつ濃い色を加えていく。あくまでも濃度に注意して。

着彩はここまでで止める。次に留の線描を入れる。

鉛筆で調子を整えて、描き込み過ぎ、製図にならないように。

戻る